旅行記 久米島

前回のニューカレドニア旅行は雨が多くて不完全燃焼でしたので、白い砂浜と青い海を求めて久米島に行ってきました。しかし沖縄は梅雨時期であり、性懲りもなく今回も悪天候に悩まされたのでした。
6月18日 午前中の仕事を終えて羽田空港へ
羽田から沖縄乗り継ぎで当日に久米島に着くには羽田15時発那覇行きに乗り、那覇18時10分発久米島行きに乗り継がなければなりません。
乗り継ぎ時間が35分しかなく、不安なので事前にJALに問い合わせたら、「羽田で久米島までのチェックインを行い、那覇空港の到着フロアからそのまま久米島までの飛行機に乗り継ぎができます。」と丁寧に回答を頂き一安心。
那覇空港について、確かにすぐ乗り継ぎできるなあと思いながら久米島行きのゲートに向かうと、プロペラ機にありがちな「遅延」の文字が。
結局予定より30分くらい遅れて出発し、景色を堪能していると30分ほどで久米島に到着しました。
DSC_0093.jpg
ホテルまでは安価な路線バスで向かう予定でしたが、飛行機の遅延には対応していないようで19時5分きっかりにバスは空港を後にしており、タクシーでホテルに向かいました。
今回2泊したのは、ホテルガーデンヒルズという釣り人のおっちゃんたち御用達のリゾート感ゼロのホテルで、ロビーには釣り道具が鎮座していて、場違い感が半端なかったです。
気を取り直して部屋に行くと、カビだらけのカーテンと天井、汚れたトイレ、今まで泊った東南アジアの安宿よりもひどい室内に唖然としました。
さて、ホテルに着いた時点で20時近くでしたので、翌朝のパンを調達するため玉寄スーパーで沖縄県民の愛する「なかよしパン」を購入し、夕飯を食べに近くの居酒屋「武吉」に行きました。
久米島でしか流通していないという米島酒造の泡盛を飲み、赤い斑点のある魚の煮付けなどをつまみながら、久米島最初の食事を楽しみました。
DSC_0099.jpg
メニューの「煮付け980円~」という表示の「~」が気になっていたのですが実際は煮付けで2500円とられていて、会計時には釈然としない気持ちになりました。
翌日は旅行の目的である「はての浜」で白い砂浜と青い海を堪能すべく早めに就寝しようとしたのですが、なんと天井から「チュッチュッ」となにやら生き物の鳴き声が聞こえて、気になって寝付けませんでした。
その2につづく

旅行記 ニューカレドニア

4月19日(金) メトル島に行きたかったけど雨で断念、そして帰国
天気予報が的中し全天が厚い雲で覆われた朝、本当はウミガメを見るためメトル島に行きたかったのですが予定を変更してなんにもしないことにしました。
ホテルのベランダで朝食を取ってチェックアウト前の晴れ間に景色を撮影。
DSC_0071.jpg
飛行機が夜中の0時50分発なので、ヌバタホテルにデイユース目的で予約をしていたので、ヌバタに荷物を預けて海岸線散歩に出かけました。
アンスバタは強風でのんびりできそうもなかったので、シトロン湾まで足を延ばしました。
シトロン湾には寝そべる最適なチェアーがたくさんあったので、そこでゴロゴロしながら本を読んだり海を眺めたりして過ごしました。
DSC_0077.jpg
そうこうしているうちにお腹が空いてきたので、近くのBIKINIという商店でおいしそうなお弁当とベトナム料理のネムを買ってまた浜辺に戻りピクニックランチをしましたが、とてもおいしかったです。
DSC_0078.jpg
ホテルに帰る道すがら雨が本格的に降ってきて、ホテルチェックイン後は本当に外に出られないくらい大雨になってしまい、ホテルにある素敵なプールにも入れませんでした。
DSC_0083.jpg
Masa-Coさんが21時50分に迎えに来てくれて22時50分ころ空港に到着、そして翌0時50分発のエアカランでニューカレドニアを後にしたのでした。
今回の旅行は本当に天気に恵まれなかったのですが、人は優しいし海はきれいで静かに過ごせるので、また再来したい国の一つになりました。
さて、ペットホテルから戻ってきた愛犬は、若干不貞腐れ気味のようです。
DSC_0088.jpg
「次はぼくも連れて行って」by愛犬

旅行記 ニューカレドニア

4月18日(木) 朝市とカナール島へ
早起きしてホテル前のバス停から71番バスに乗りヌメア市内の朝市に行ってきました。
8時過ぎに着いたら、もう魚市場は半分ほど店じまいしてしまったようでした。
町の商店も6時台から空いて19時には締まってしまうところをみると、こちらの人は早寝早起きなんですね。
DSC_0037.jpg
まだ品物が多く売っていた野菜市場ではほぼ腐りかけのバナナが売られていて、どうやって食べるのか不思議でした。
私の目的は、天使の海老とマグロの刺身を手に入れることなので、魚市場のMARCO FISHでマグロのタルタルソース付1パックと天使の海老4匹を合計908XPFで買いました。
市場のお姉さんが親切にしっかりエビの殻をむいて包んでくれました。
他に朝食用に総菜パンを3つ買いましたが、ここのお兄さんもビニール袋いる?と出してくれたり大変気さくな雰囲気で、楽しく買い物ができました。
せっかく市内に来たのでランドマーク的存在の聖ジョセフ大聖堂まで散策し教会内を見学してから、市場まで戻り駐車場より出ている12番バスに乗ってホテルまで戻りました。
DSC_0041.jpg
お天気は相変わらず曇りのままですが、天気予報では翌日は雨と出ていたので、カナール島に行くことにしました。
ホテルルラゴンのスイートルームに滞在すると、カナール島1往復のチケットが2人分もらえるのでフロントで発行してもらい、シュノーケルセットを持っていざタクシーボート乗り場のPlages Loisirsへ。
11時に出発して14時30分に迎えに来てくれるよう受付に頼みました。
DSC_0049.jpg
カナール島は珊瑚のかけらで出来た島なのでビーチシューズは必須アイテムです、飛べないウズラみたいな鳥がいて保護区になっているようです。
下の写真の真ん中に写っているウズラっぽい鳥はニューカレドニアの国鳥カグーよりうんと小さくなんという鳥なのかわかりません。
DSC_0046.jpg
風もあって曇り空でしたが、何度かお日様が顔を出すチャンスを狙ってシュノーケリングをしてみました。
島の周りにはたくさんのサンゴ礁と色とりどりの熱帯魚が、一度サメにも出くわしてヒヤッとしましたがなかなか楽しめました。
DSC_0054.jpg
DSC_0052.jpg
強風のため14時ころ来たタクシーボートに乗り込んで島を後にしましたが、天気が良くて暖かければ1日中楽しめそうでした。
DSC_0066.jpg
冷え冷えの体をホテルのジャグジーで温めてのんびりしていたらまた雨が降ってきました。
この日も昨日のように夕方からは雨天で、朝市で買った魚介類などを調理してホテルでゆっくり過ごしたのでした。
その4へつづきます。

旅行記 ニューカレドニア

4月17日(水) ホテルボーリバージュからホテルルラゴンへ移動
朝起きたら海が青く光る絶好のお天気!まさか今回の滞在で一番天気がいいのが今だなんて知る由もありませんでした。
ホテルは穏やかなシトロン湾沿いにあるのでのんびりするには良さそうです。
DSC_0016.jpg
朝は早速スーパーまで朝食を買いに行きました。
スーパCasinoまではホテルから徒歩で15分ほどで、ヨーグルトやハムと安くておいしいフランスパン、あと水金土日の午後は買えないビールなどを調達しました。
物価が高いとは聞いていましたが、ちょっと食糧を買うだけで2600XPFほどかかり、特にビールは1本210XPFで、出発前にリサーチしていた値段よりかなり高くなっている印象を受けました。どんどん物価が上がっているという噂は本当のようです。
朝食を済ませたらチェックアウトしてシトロン湾からアンスバタのホテルまで徒歩で移動しました。
シトロン湾は穏やかで海水浴にもってこいです。
DSC_0017.jpg
アンスバタまで歩くと急に風が強くなり、ウィンドサーフィンに適した雰囲気に様変わりします。
歩いて30分くらいの距離なのに海の表情が一変してしまいびっくりしました。
DSC_0019.jpg
ホテルルラゴンにはチェックインよりうんと早く到着したので、フロントに荷物を預けて砲台で有名なウアントロの丘に登り、途中雨に降られるもなかなか良い眺めで2時間のハイキングを楽しみました。
IMG_1687.JPG
第2次世界大戦の砲台もありました。
DSC_0022.jpg
お腹ペコペコになったので丘を降り、ガレットで有名なルロッシェで、天使の海老のガレットとマグロとチーズのガレットとドライシードル2杯を頼み〆て4600XPF、量が多くてとてもデザートまでは食べられませんでした。
DSC_0024.jpg
ランチ後ホテルに着いたら2時を過ぎていたのでチェックイン、スイートルームにしたので部屋が広くてよかったです。
DSC_0026.jpg
部屋でくつろいでいたら、暗雲が立ち込めてあっという間に雨が降ってきました、結局この日は曇りや雨の繰り返しで海に入るチャンスはありませんでした。
雨のやみ間にスーパーSIMPYで夕飯を、ワイン専門店Pavillon des Vinsで白ワインを調達して、ホテルでのんびり過ごしましたがまたそれもよしです。
ホテルルラゴンはジャグジーやサウナにプールエリアもあり雨でも楽しめてお勧めです。
DSC_0030.jpg
その3へつづきます。

旅行記 ニューカレドニア

平成最後の10連休、皆様いかがお過ごしですか。
当院は連休中は営業すると決めていますので、調子の悪い方はぜひお越しくださいませ。
「連休中も仕事なんて大変ねえ」と言われるので、ここに書いておきますが、連休前にちゃっかりリフレッシュしてきました。
行先はニューカレドニア、目標はウミガメと泳ぐこと!だったのですが、結果は天候に恵まれず、有名な夕日も満天の星空も拝むことはできませんでしたし、強風と低温で海には1度しか入れませんでした。
それでも、とても気分よく過ごせる島だったので、暖かく天気の良い時期に再来したいです。
4月16日(火)12時15分成田発エアカランに乗ってニューカレドニアのヌメアへ
エアカランは荷物預かりカウンターが出発の1時間前に締まるので、1時間半前には成田空港に到着、エアカランに乗り込む際にヌメアの日本語フリーマガジンPICNICがあったのでそれをもらって機内へ。
IMG_1679.JPG
日本とニューカレドニアには直行便があり、フランス人がニューカレドニアに行くのに日本経由が一番近いようで、機内はほぼフランス人で占められていました。
ボヘミアンラプソディーとファンタスティックビーストを鑑賞して22時50分にヌメアに到着ました。
私の好きなバイシクルレースが映画で流れなかったのがちょっと残念でしたが、今回のフライトはとても快適に過ごせました、人に迷惑をかけるような輩は皆無でしたし時間とともにトイレが汚れてくるようなこともありませんでしたから。
今回はMasa-co社で空港送迎とWIFIレンタルをしたので、日本人の女性が空港まで迎えに来てくれました。
入国ゲートを出て左の壁を見るとATMがあるので、そこで現金を25000PCFをキャッシングして今夜泊るホテルに送ってもらい、00時30分ころホテルボーリバージュにチェックインできました。
遅く着いたのでドライヤーが借りれないというトラブルが早速ありましたが、まあ海外ですしおおらかに構えましょう。
IMG_1682.JPG
その2へつづきます。