まち歩き 公園や動物園

久しぶりに晴れた木曜日、横浜にある野毛山動物園に行ってきました。
なぜ野毛山動物園かというと、日本で唯一カグーを飼育しているから。
私は、その国固有の動物を見るのが好きなので、海外に行く際には固有種をチェックします。
いつものように今年滞在予定のニューカレドニアについて固有種を確認したところ、カグーという飛べない鳥に目が留まりました。
ニューカレドニアでカグーを見に行くにはタクシーを使ったり大変そうだったので、日本にいないものかと調べてみると、なんと横浜で見られることが判明。
という経緯で、野毛山動物園に向かったのでした。
市川から桜木町までは横須賀線と根岸線で60分ほど、のんびり電車に揺られて桜木町駅で降り、15分ほど歩くと野毛山動物公園に到着しました。
IMG_20190314_123023.jpg
この動物園は無料ながら、カグーをはじめキリンやライオンやダチョウなど飼育動物が豊富で、モルモットや鶏をひざに乗せてほっこりしている人がたむろするふれあい広場があったりと、なかなか素敵な施設でした。
IMG_20190314_124939.jpg
さて、お目当てのカグーですが、柵の奥の方に2匹確認できました。
見た感じはずんぐりした50cmほどの鳩といった風貌で、飛べないのでちょこまか走ってかわいらしかったです。
求愛や威嚇のときには頭の羽が逆立って犬のように鳴くんだとか、ぜひ見てみたいものです。
IMG_20190314_130250.jpg
絶滅危惧種のカグー、以前は上野動物園にもいたそうですが、現在は日本では野毛山動物園だけで飼育されています。
お天気の日にちょっと足を延ばしてカグーに会いに行ってみてはいかがでしょうか(^-^)おすすめです。

お客様からの頂き物

今更ですが新年いかがお過ごしでしたか。
のんびりしていたらあっという間に新年から3週間もたってしまいました。
もっと日々の生活に驚きや感動を持って過ごさなければということで、
早速ですが、今週そのおいしさにびっくりした食べ物について報告したいと思います。
ツレがお客様に頂いたものなのですが、その名も「乙女の涙」でございます。
解説によると、スウィーティアという涙の形をしたトマトまるごと1粒を求肥で包んだお菓子とのこと、食べたときに求肥から溢れる果汁のみずみずしさに大変驚かされました。
DVC00710.JPG
ふと、このトマトのお菓子に酷似した製法のマスカットのお菓子に感動したことを思い出し、調べてみるとやはり同じ和菓子屋さん「共楽堂」の作でした。
おいしいお菓子との再来とは、今年は幸先が良さそうです(^-^)
DVC00713.JPG
「本年も飼い主共々よろしくお願いします。」by愛犬

旅行記 親戚めぐり

12月に入り急に寒くなった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
私はツレのお母さんに会いに1泊で熊本まで行ってきました。
今回お世話になったのは、しらさぎ荘というきれいな湧き水の出る池と郷土料理と温泉が自慢のお宿です。
IMG_1597.JPG
忘年会の時期は地元の飲み会がうるさいかもということで、離れに泊まりましたが、なかなか広くてよいお部屋でした。
IMG_1613.JPG
夜に宿に着いたので食事の前に自慢のお風呂を覗きに行くと、誰もいなかったので写真を撮ってみました、昔にタイムスリップしたような雰囲気でした。
IMG_1599.JPG
IMG_1600.JPG
IMG_1606.JPG
去年の熊本地震の影響でカランから湯がちょろちょろとしか出ないということで、どうしたもんかと思っていたら、地元の方が源泉から直接お湯を手桶で汲んで使っていたのでそれにならってみました。
柔らかい泉質で湯船が深めなので、長時間の移動で疲れた足がかなり軽くなり大満足。
IMG_1602.JPG
さて、温泉の後はお楽しみの郷土料理。
食事処から望める透き通った水を湛えた池には、たくさんの鯉が泳いでいて、今からこのきれいな鯉を食べるのかとワクワクしました。
郷土料理は個室で頂けて、鯉料理の他にもヤマメや馬刺しや猪鍋など、珍しいものが目白押しでした。
IMG_1614.JPG
鯉の洗いは鯉の刺身で、身がコリコリして全く臭みなくておいしい。
IMG_1617.JPG
馬刺しも普段苦手なタテガミもおいしくてびっくりでしたし、猪鍋もうま味がありました。
IMG_1622.JPG
鯉こくという鯉のお味噌汁は鯉がかなりこってりしていて、みそ汁にコクが出てご飯との相性抜群。
IMG_1624.JPG
ここに書ききれないくらい珍しい料理がたくさん食べられて大満足でした。
翌朝は、鯉に餌をあげる体験をしておいしい朝食もたっぷり頂きました。
IMG_1642.JPG
宿から望む池が美しい。
IMG_1644.JPG
と、景色を堪能していたらツレが宿に侵入したしらさぎが残した糞を思いっきり踏んづけて、宿の方に新しい足袋を頂いたり、朝から騒がしくしてしまいました。
そんなこんなで宿を後にしてから、目的であるツレのお母さんが入居している施設に立ち寄り、敷地内でまだ紅葉している木々を撮影。
IMG_1650.JPG
午後はせっかくなので、宮崎県に足を延ばし青島神社までドライブしました。
熊本から3時間くらいかかって、ようやくついた宮崎市、急に気温が高く感じられ、街路樹のヤシの木を見ているとハワイに来たのかと錯覚してしまうほど。
IMG_1652.JPG
青島神社は小島全体が神社になっていて、珍しい貝を奉納するとよいことがあるそうですが、時間も迫っていていたのでぐるりとめぐるだけにしました。
IMG_1659.JPG
絵馬がたくさん。
IMG_1670.JPG
島のちょうど中心部にはかわいいお社がありました。
IMG_1671.JPG
青島の隣にある広大な植物園を突っ切って駐車場に向かう途中にかわいい猫ちゃんを発見。
IMG_1674.JPG
青島神社を後にして、グーグルマップをナビ代わりに一般道を鹿児島空港まで戻り、空港にある足湯で一休みしてから飛行機で帰途に就きました。
IMG_1676.JPG
バタバタ忙しかったけれど、とても充実した2日間でした。

まち歩き 美術館や博物館

私は東山魁夷の澄んだ青い風景画を見ているとなんとも心地よい気分になるのですが、今回は国立新美術館で開催中の大回顧展に行ってきました。
DVC00708.JPG
国立新美術館はいつ行ってもおしゃれな佇まいです。
DVC00705.JPG
多くの日本画も素晴らしかったですが、唐招提寺御影堂の障壁画は圧巻の一言でした。
いつもは市川市の魁夷記念館にあるリトグラフで満足していましたが肉筆画は全然違います、市が魁夷と信頼関係を築けていればこの多くの画が市川に残ったのかと思うと、なんとも残念な気持ちになります。
この展覧会は、12月3日までなので見たい方はお早めに。
DVC00706.JPG
ちなみに、私は魁夷の画が好きですが、我が愛犬はドライヤーをこよなく愛する変わり者です。
DVC00702.JPG
「ドライヤーナメナメがぼくの日課です」by愛犬

ペット

最近は風邪を引いたと聞くことが多くなってきましたが、体調はいかがでしょうか。
もう11月半ばだというのに、あまり寒くならず特に日中は紫外線の強さを感じますね。
さて、秋晴れの気持ち良い天気ですと犬は絶好調になるようで、休日はもっぱらテンションMAXな愛犬を連れて散歩をすることになります。
同じルートを行くのは飽きてしまうので、今回は小岩にある小岩菖蒲園までロング散歩してきました。
小岩側から見る市川の景色はなんだか新鮮ですし、河川敷が広くて意外と楽しいかも。
DVC00699.JPG
しかし、当然ながら菖蒲の開花時期ではないので小岩菖蒲園は閑散として寂しい感じ。
DVC00690.JPG
愛犬は初めて橋を渡ったので、橋から眺める江戸川の景色に興味津々でした。
DVC00686.JPG
散歩後は幸せそうですが、その角度、首寝違えませんか?
DVC00678.JPG
「次はもっと遠くに連れてけ~むにゃむにゃ」by愛犬