海外の健康に関する記事

この仕事をしていて、よく「運動できそうですね。」って言われます。
でも、実は相当の運動音痴でして、体育の成績は燦々たるもの、運動会は地獄でした。
逆上がりできないし、跳び箱3段が飛べない、ドッヂボールは恰好の獲物・・・こんな生徒クラスにいませんでした?
そんな私、学業の成績は悪くはありませんでした、しかしこの度、少し気になる研究結果を発見しました。

一部の国では、体育の様な活動時間を減らし、その代わりに数学の様な学問的な科目に時間を使っています。
アムステルダムVU大学医療センターの研究者は、14の研究結果(アメリカ12、カナダ1、南アフリカ1)を報告しています。
これらの研究は、1997~2009年、55000人以上の6~18歳の子供に対して行われました。

研究者は研究結果に基づき、身体活動と数学や英語の様な科目の成績との間に、関係性があることを示しています。
身体活動は、学業成績に有益であると結論づけることができるのです。

まず生理的な説明をすると、運動をして血流が良くなると、脳に多くの酸素を送ることができます。
身体活動は、エンドルフィンの様なホルモンを多く生産します。
エンドルフィンはストレスレベルを低くし、気分を改善するので、性能を高めることを意味します。
また、組織的なスポーツをする学生は、その規則とそれらへの従い方を学びます。
これは、彼らのクラスでの行動を改善させ、彼らの気持ちを勉強へ向かわせ続けるのを助けます。

この研究では、身体活動の量や種類が、学術レベルの改善に影響をおよぼすかどうかについては、研究の違いから述べることは不可能であると言っており、いくつかの質問に対して未回答のままです。
また、この研究はほとんどが観察研究であり、比較の制御ができません。
研究者はただ彼らの観察したことを述べるだけで、よく運動する学生がよい成績を取るという関係を観察したかもしれないが、必ずしも活動することがそれらの好成績の原因であると意味するわけではありません。

一般的に、身体活動をする子供たちは、学校でよりよい成績を取る可能性が高く、学校は、彼らが身体活動プログラムを削減する前に、この研究結果について考えるべきであると述べています。

私も子供のころ、組織的なスポーツをやれば、よりよい成績がとれたのかな~と、今更ですが思ってしまいました。
これからは、運動音痴な子供でも運動したくなるような、楽しい運動行事を提供してくれる学校が必要なのかもしれません。

記事とは関係ありませんが、我が家の犬はワインの空きビンが大好きです。良い香りがするのでしょうか。
Dvc00593
「このひと舐めがやめられんのです~。」byフクスケ

海外の健康に関する記事

昨日ネットでタレントのコロッケが中耳炎をこじらして片耳が難聴であるという記事を読みました。最近、我がツレが中耳炎を患い病院通いをしていて、また、当院にも耳の調子が悪くて肩こりや頭痛やめまいに悩まされているという方々もいらっしゃっていますので、耳のケアについての記事を紹介します。

人々の耳は、ミツバチのように蜜ろうの様なものを生成しています。ろう状のもの(耳垢)は、重要な役割を果たしますが問題にもなります。耳垢は耳を保護しきれいにします。汚れを捕まえたり、耳への虫の侵入を阻止します。耳垢は耳が乾燥しすぎないように保ちます。
医師は、耳垢が感染症やそのほかの問題に対して、耳を保護するのを助けるかもしれないと考えています。

耳垢は2種類あり、ヨーロッパとアフリカが先祖のほとんどの人は、ウェット(厚みと粘度があります)で、東アジアでは一般的にドライの耳垢を持っています。
耳垢を生成する外耳道腺が、多く耳垢を作りすぎてしまう人々がいます。
耳垢は通常排出され、耳から外へ洗い流されます。しかし、余分な耳垢は硬化して耳穴を塞ぎ、音へ干渉したり聴覚の減少が起こります。

人々は耳をきれいにしようとして、耳のより内部に耳垢を押し込んでしまい、耳の閉塞を引き起こすことがあります。耳垢の除去はときどき必要ですが、安全な方法を用いないと多くの害があります。

NIHの専門家は過度の耳垢を自分で取り除くいつくかの方法を示唆しています。
耳垢は、ミネラルオイルやグリセリンまたは耳剤で軟化させることができます。過酸化水やカルバミド過酸化物もそれを助けます。
耳垢を除去する別の方法は、洗浄法として知られています。
頭を直立にして、耳の外側をつかみます。ゆっくりと外耳道をまっすぐ上に引っ張ります。スポイトを使ってゆっくりと水を外耳の壁に沿って流します。その後、水が出るように片側に頭を回します。
NIHの専門家は、この過程を数回繰り返す必要があるかもしれないと言っています。また、体温と同じ温度の水を使用してください。水が冷たいまたは熱い場合、あなたはめまいを感じるかもしれません。
もし鼓膜が痛んでいる場合には、決して洗浄をしてはいけません。感染症や他の問題につながる可能性があります。
耳垢を除いた後は、やさしく耳を乾燥させます。洗浄が失敗した場合、最良の方法は医療機関にかかることです。

あなたは耳穴に綿棒やそのほかのものを入れてはいけません。しかし、あなたは耳の外側部分をきれいにするのに、綿棒や布を使うのは構いません。専門家は古い格言「あなたの耳にあなたの肘より小さいものをいれるべきではない」に同意しています。

と、こんな内容でした。うちのツレ、そういえば毎日綿棒で耳掃除をしていたなあ・・・と思いだしたのでありました。

海外の健康に関する記事

日本の女性の死因の2位は心臓病です、80歳を超えると1位になります。
当院にもいつも以上に肩が痛むから心臓病かもしれないと病院に掛かり、
結局ひどい肩こりだったなんてお話を伺いますが、最近心臓病についての記事を読んだのでご参考までに。

心臓病は、世界での主な死因の一つで、そのほとんどの場合予防することができます。
医師は、「心臓病死を減らすことは、人々が生活を変えるだけでなく、公共の政策を変えて、
男女間での心臓病に違いがあることについてのよりよい知識が必要である」と言っています。

2つの状態、冠動脈疾患と微小血管疾患の両方は、心臓への血流を減らします。
専門家は、女性の心臓病は微小血管疾患により引き起こされる可能性が高いと言います。
この状態を見つけることは、血管造影(X線検査の1種)以外のテストを必要とする場合があります。
動脈は、体の他の部分に心臓から酸素を豊富に含む血液を運びますが、
この動脈を止める脂肪酸プラークの材料となる物質の蓄積を探すために、医師はその検査を行います。

世界保健機構は、年間18万人の女性が心臓病で亡くなると言います。
そしてこれらは、単に老人についてではなく若い人にも起こり得ます。
シスター&シスターという組織は、人々が彼らのリスクを理解し、その数を知り、それについて何をすべきかを知り、
実際に予防することを目標として活動しています。

心臓病についてのよいニュースは、心臓病のうち90%は、
リスクを減らすことにより防ぐことができるとわかってることです。
リスクを減らすとは、たばこを吸わない、糖尿病をコントロールまたは罹患しない、健康的な体重を維持する、
健康的な食べ物を摂る、ほぼ毎日少なくとも30分の運動をする、ストレスを管理または減らすことです。
また、人々は魚や全穀物・野菜・植物油・ナッツをもっと食べ、食事から塩分やトランス脂肪酸を減らすべきです。

心臓病の多くが日常生活の改善で防げることがはっきりしているなんて、長寿国の日本女性には嬉しい話ですね。
早速できることから始めてみましょう!

海外の健康に関する記事

お腹、健康ですか?当院をご利用の方の中にも、お腹の悩みを持っている方が多く見受けられます。
最近読んだ記事によると、腸内細菌と普段食べている食べ物には関係性があるそうです。

人の消化器系には、その多くは良いものですが、菌がたくさんいます。
それらの菌が食物の分解を助け、私たちは栄養を利用できます。
科学者は、私たちの腸に住む菌の種類と、食べ物との関連性を調べています。
ペンシルバニア大学で、2つの実験を行いました。
それらの実験で、人々が食べるものと、彼らの腸内に住む菌の種類に関連性があるかを調べました。

1つめの実験では、被験者に何を食べたかの情報を提供してもらい、
便のサンプルを集めて、腸内細菌のタイプを見ました。
実験により、ある種の食事を摂る人々は、違う食事を摂る人々と比べて、
異なった菌を持っていることがわかりました。
科学者は、元来2つの大きなカテゴリーがあると考えました。
個人は、彼らの腸内菌により分類されます。
1つは、西洋タイプの食事に、もう1つは農作物や果物・野菜の食事タイプに関連しています。

次の研究で、10人のボランティアにいわゆる制限給餌に参加してもらいました。
彼らは、彼らのいつもの食事を変えなければなりませんでしたが、
それにもかかわらず、彼らの腸内細菌はほぼ以前と同じ状態でした。
これは、腸内細菌の混合物は、彼らが最近食べたものでなく、
長い期間における食事パターンに基づいていることを示しています。

科学者は、腸内細菌の混合物のテストは、彼らの食事について調べるよりも、
病気のリスクを測るよりよい方法であるかもしれないと考えています。
腸内細菌は、病気を進行させる役割を持っているかもしれないので、
これは、病気を防ぐのを助ける新しい方法を導く手がかりになるかもしれません。
もしあなたが、腸内細菌のタイプを変えることができれば、
おそらくあるタイプの病気の進行に影響を与えることができるかもしれません。

まだまだ、推測の多い研究のようですが、とても興味深いですね。
ヨーグルトを食べると腸内環境がよくなるというのは、よく聞く話ですが、
この実験から考えると、ヨーグルト食を習慣化して長く続けないと、
その効果は期待できなさそうですね。

海外の健康に関する記事

昔と違って、現在はお酒をたくさん飲む女性が増えました。
当院にも、お酒大好きという方がけっこういらっしゃいます。

さて、私もお酒大好きです。
特に大学生から会社員時代には、毎日お酒を飲んでいました。
大学卒業前日は朝まで飲んでいたので、当日せっかく写真屋で撮影した袴姿の写真ですが、
見るに堪えないほどひどいむくみ顔になってしまって、人の目に届かぬ所に封印してあります。
そして、最近見つけた記事で、さらに残念なことを知ってしまいました。

アメリカの学者が行った最近の研究で、大量飲酒が若者におこす害を発見しました。
専門家は、大量飲酒を2時間以内に4~5杯を飲むと定義しています。
アルコールを多く飲用するピークの時期は、脳もまた発達している時期であり、
特に18~25歳に大量飲酒することが流行っています。
非常に高解像度の脳画像で、皮質厚と呼ばれるところを実際に測る実験を行ったところ、
大量飲酒が、前頭前皮質の厚みが損失することと関係があることが分かりました。

彼らは脳のこの部分に多くの働きがあると言っています。
感情の規制・行動の抑制・意思決定・注意の制御・反応を抑制する能力・結果の検討・
環境の監視・適切な動き・物事を行う時に衝動を抑制する非常に重要な能力。

若い時期の大量飲酒が、社会人になった時に多くの害を及ぼしているかもしれません。
前途ある若者のみなさま、ぜひとも脳のために飲酒はほどほどにしてくださいね。
と、若かりし自分に言いたい今日この頃です・・・。