ブログその他

去年の話ですが、コウガイビルというものを見たという方がいらっしゃって、
その話で盛り上がり、その後ネットでどんな生き物なのか確認したことがありました。
どうやらプラナリアの一種で、切っても切っても分裂してしまう扁形動物のようです。
しかも結構普通にいるということで、なんで今まで見たことがないんだろうと不思議に思っていました。

今年の春ごろ、犬の散歩で菅野の住宅地を歩いていたら、ついに、コウガイビルと遭遇してしまいました!
外来種のオオミスジコウガイビルというやつで、黄色くて細長い体が、
よ~く見てみるとうねうねと動いて少しずつ前進していました。
気持ち悪いけど・・・おもしろい姿。

我が犬はそんな生き物に見向きもせず、散歩の再開を要求してきたので、
観察はそこで終了したので写真を取り損ねました。
コウガイビルの話を聞いていなかったら気付かなかったと思います。
例えるなら道に落ちている黄色いひも・・・
きっと今までもいろんな場所で見ていたのに気付かず通り過ぎていたんでしょう。
皆様も、コウガイビルを見たことがなかったら、ぜひ黄色いひもが落ちていないか確認してみてください。
案外すぐ見つかるかもしれません。

どうして、急にコウガイビルについて思い出したかというと、
「カエルの体表から出る分泌液が、バクテリアを殺す有効な成分を含んでいることが分かった」
という記事を読んで、カエルの体表のぬるぬるからコウガイビルの姿が思い出されたわけです。
身近な生き物について、知らないことってたくさんあるんですね。
視点を替えると周りには不思議がいっぱいのようです・・・。

ブログその他

今朝出勤すると、3月分の電気料金のお知らせが届いていました。
な、なんと、3月17日~4月19日の電気使用量が、去年の半分に(^O^)!!!

当院では、皆様にご協力いただきながら、節電対策として、

①日没まで施術室と待合室の電気を消す。
②冷蔵庫の設定温度を上げる。
③暖房を控える。
④トイレ温水便座の設定温度を下げる。
⑤閉店後はほぼすべてのコンセントを抜く。
⑥夜間に洗濯乾燥を行う。

というように、結構せこせこやっていたのですが、
まさか、こんなに節電効果があるとは、驚きです。

でも、少し気をつけるだけでも、こんなに電気の使用量を抑えられるなら、
夏に向けて、対策を考えてみたいと思います。
まずは、当院は東南向きで非常に日当たりがよいので、
窓から入る熱を遮断する対策から始めます。

皆様からのアイデアもぜひお待ちしております。

ブログその他

最近、偏平足の子供が多いように思います。当院に通う方には外反母趾も多く見られます。

足のトラブルを抱えている方は、足の筋肉が低下し、望ましいアーチが形成できなくなっていることが原因の一つです。そこで、足の指をしっかり使って歩くようにするため、布わらじを作ってみました。

布わらじの材料は、当院で使用している大判タオル(使い古し不要になったもの)を使用したので、ごみも減らせました。子供の時に体験学習で、わらでわらじを編んだことがあるのを思い出しながら、なんとか1足完成させました。さて、履き心地は・・・全体的にふにゃふにゃすぎてしっかり歩くことができません。初めての布わらじは失敗のようです。2作目は、1作目の失敗を踏まえて、もっと土台を固く編みこみ、鼻緒は丸四つ編みでしっかり編んでみました。

早速夫に使ってもらい実験です。足の指が開き、指を使って歩けているようです。タオル地で足裏を適度に刺激するのか、白く角質化した足裏と足指周りがとてもきれいになったのもうれしい。みなさんも古いタオルで足の改善してみませんか?

ブログその他

挨拶が遅れましたが、今年もよろしくお願いします。2010年、皆様にとって素敵な一年でありますように・・・。

さて、正月はどうお過ごしでしたか?私は31日大掃除、元旦は朝からアバターを観て(この映画は映画館でみるべし!)神田明神に行ったが人の多さにお参りできず、夜は私の実家に挨拶。2日から4日まで法事のため夫の実家である九州へ。早朝の便で羽田を発って、鹿児島・宮崎・熊本をめぐりました。天然の炭酸泉での入浴に感激し、はじめてのしし鍋と豚足焼きに舌鼓。桜島にはフェリーで渡って噴火を見て・・・夜便で戻ってきました。そして5日から仕事始め。充実した正月でした。

正月明け、結構多くの方が年末から鼻かぜをひいたとおっしゃっていました。私も風邪をひかないよう、院内の湿度管理やうがい手洗いをしっかりしてまいります。

ブログその他

今朝当院の日当たり抜群の場所に位置するベンジャミンの異変に気づきました。先端に実がなっているのです。さっそく調べてみると、ベンジャミンはイチジクの仲間で、実のようなものは花であることがわかりました。イチジクは漢字で無花果と書きますが、昔の人はこの実のようなものを、花と気づかなかったため、花が無く実がなる・・・無花果となったそうです。この丸い塊の中に、花がびっしり咲いて、種子もできるそうですからおもしろいですね。どうやって受粉するんでしょう?一つカットして中を見てみたい!でも、気になる記述が一つ、「ベンジャミンが種子を作るのは、鉢が小さく根が十分にはれないなどの生命の危機がある場合です。」と書いてあるのでした。これを見てギクッとしました。前々から「これじゃあ狭いよねぇ、1サイズ大きい鉢にしなきゃ~」と思っていたのに、「でも面倒くさいなぁ」と先延ばしにしていたものですから。これはベンジャミンからの訴えか!ベンジャミンに向かい、来春こそは植え替えするからねと誓ったのでした。