旅行記 島根と鳥取

10月22日(木)念願の足立美術館を鑑賞。

早朝6時に目覚めて部屋から宍道湖を一望すると、大雨で遠くが霞むなかしじみ漁がおこなわれていました。
二日酔いをスッキリさせようと温泉に行くため外に出ると、あっけにとられるほどの土砂降りでした。
我が旅お決まりの展開というやつです、こうもおてんとうさまに見放されるとは、何かしましたでしょうか?

松江ニューアーバンホテル本館和室からの宍道湖の眺め

温泉後も二日酔いは続き、食欲はゼロだったのですが、宍道湖はしじみが特産品ということなので、朝食はしじみの炊き込みご飯やしじみの味噌汁をやっとの思いで食べました。
いつもなら朝食付きとくれば朝からモリモリ食べられるのに実に残念。
しかも、しじみパワー空しく半日は二日酔いに苦しむことになってしまいました。

ホテルから足立美術館までは約1時間の道のりでしたが二日酔いを忘れるくらいスリリングなドライブに。
というのは、大雨で見通しが大変悪かったのと、道の至る所にある轍が水たまりと化して対向車線から水が容赦なく降ってきたから、ドキドキの連続だったのです。

朝9時半ころ美術館になんとか到着し、サッカーコート以上ある巨大な駐車場に車を停めました。
その時はまだ混んでいませんでしたが、12時半すぎに出た時にはかなり埋まっていたので、コロナ禍でも足立美術館は大盛況のようでした。

足立美術館の入館料を地域共通電子クーポンで支払い、いざ日本一の庭園へ。

足立美術館の絵画のように見える庭園

庭園を絵画のように見せる仕掛けが館内の至る所に施され見ごたえ抜群でした。

足立美術館の絵画のように見える庭園その2

遠くの景色を庭園の一部とする借景の手法が採用されて、なんと遠くの山に人工の滝まで作ってしまう手の込みようには圧巻の一言に尽きます。

足立美術館の人口の滝と庭園

庭園の他には横山大観をはじめ日本画家の作品を多く所蔵していて、写真撮影は禁止で画像はありませんがたくさんの日本画が展示してありました。
今回鑑賞した日本画の中で一番印象に残ったのは上村松園の美人画で、女性の豊かな黒髪や柔らかく重ねられた和服の表現などに痺れました。

3時間くらい鑑賞したら集中力もすっかり切れて、お腹も空いたので次の目的地出雲大社へ向かうことにしました。

その3へ続きます。

旅行記 島根と鳥取

Go to travel キャンペーンを使って前から気になっていた島根県の足立美術館に行ってきました。
ANAマイルをためるために米子鬼太郎空港発着便を利用したので、空港所在地である鳥取も少し観光してきました。

10月21日(水)11時の施術を終えてから羽田空港へ。
14時55分発の米子鬼太郎空港行きの飛行機は、途中素晴らしい富士山の景色を楽しませてくれて、定刻の16時15分に鳥取に着陸しました。

飛行機から見た富士山の眺め

Go to travel の地域共通電子クーポンを使ってオリックスレンタカーにてレンタカーを調達してから、ゲゲゲの鬼太郎好きにはたまらない水木しげるロードに向かいました。
妖怪たちの銅像がライトアップされる夜に行くのがおすすめだそうです。
しかし本当の目的は、水木しげるロード近くにある「味処美佐」にて境港の海の幸が堪能できるおつまみをテイクアウトすること。
事前に、テイクアウトの予約と駐車場を1時間借りる約束を済ませておいたのです。

17時頃に味処美佐駐車場に車を停めて、水木しげるロードへ。
まだ日没前なのでライトアップはしていなかったのですが、800mにわたっていろいろな妖怪の銅像があるので見ごたえ十分でした。

水木しげるロードのすねこすり

写真を撮りながら散策していたら、境港駅に到着しました。
こちらには鬼太郎たちが描かれた楽しい電車が停車していました。

境港駅に停車中の鬼太郎電車

水木しげる先生から「なまけ者になりなさい」とありがたいお言葉を頂戴しました。
真面目すぎる人たちにおすすめしたい場所ですね。

水木しげる銅像

日没して10分後の17時20分過ぎでしょうか、あたりが薄暗くなったころにライトアップがスタート。
明かりに照らされた街路樹には不気味な雰囲気が漂いましたが、ねずみ男はあんまり変化なし。

水木しげるロードのライトアップされたねずみ男

道路に急に映し出される妖怪もありました。たぶん妖怪油すまし?

水木しげるロードの夜に浮かび上がる油すまし

そんなこんなで1時間が過ぎ、テイクアウト予約時間の18時に無事おつまみをゲットできました。

ここから、本日から2泊お世話になる松江ニューアーバンホテルに向かいます。
鳥取と島根を結ぶ「べた踏み坂」で有名な江島大橋を渡って江島と大根島を通過し、松江市に入りました。

ホテルの駐車場はだだっ広いのですが満車に近く、辺鄙な駐車場に案内されました。
駐車料金2泊で1100円は法外だなあと思いましたが、チェックアウト後も松江城見学のため1時間ほど車を止めさせてもらえることになったので、まあ我慢しましょう。

部屋は本館の和室6畳を選びました。
この部屋の特徴は大きな窓からの宍道湖ビューでしたが、翌日は構えていた以上の大雨に見舞われたので、部屋のメリットを生かせないという残念な結果となったのですが、それは後程。

部屋に荷物を降ろしてから、長旅を癒すためにホテル内の宍道湖温泉に入ってきました。
無色透明ですが、ぬるくて優しい肌触りでなかなかよい温泉でした。
お客さんも駐車場がいっぱいだった割に数名しか居なくてゆったりと入浴できたのもよし。

さて、温泉を楽しんだら、お待ちかねの夕飯タイム。
ホテル内のコンビニで酎ハイと焼酎のボトルを地域共通電子クーポンを使って購入し、ホテル内の無料製氷機や電子レンジも使って、おつまみとお酒をセッティング。

味処美佐でテイクアウトした刺身盛り合わせとモサエビ焼と蟹ジャン

鳥取で予約購入したおつまみはどれも絶品でした。
刺身盛り合わせは魚の他に貝やエビも入っていて食べ応え十分。
足がはやくて地元にしか出回らないというモサエビは焼き物で頂きましたが、身はうま味がぎゅっと凝縮していて殻もぱりぱりと香ばしくまるごとおいしく頂きました。
鳥取の珍味といわれる蟹ジャンは、ズワイガニのほぐし身とコチュジャンが絶妙なバランスで合わさった珍味で、ご飯のお供といったお味でした。

この日の自分に言いたい「おいしいおつまみとお酒で翌日二日酔いに苦しむこともしらずに、我ながらのんきなものだなあ」と。

その2へ続きます。

旅行記 石垣島

9月10日はミシュラン3つ星を取得し日本百景にも選ばれている川平湾に行ってきました。

川平湾の景色

宿泊先である明石集落から車でおよそ40分くらいで到着。
まりんはうすぐるくんでグラスボートに乗れば無料で駐車場を使えるということなので、レンタカーを駐車場に止め敷地内のチケットで乗船チケットを購入しました。
グラスボート出発は10分後とのことなので急ぎ足で乗り場に向かいました。
乗船場にはすでに1組が待っており、後から来た外国の方2人の合わせて6人と船頭さんを乗せた船は、カビラブルーと称される澄んだ緑青の海をスイスイと進んでいきました。

天気がよく、海の透明度が高かったので、かなり深い海底までしっかりと見ることができました。

川平湾のグラスボートで見たコバンザメ付きのウミガメ

ウミガメをたくさん見ることができ、コバンザメが2匹くっついたウミガメなどもいて面白かったです。

川平湾のグラスボートで見た水深深くのサメ

水深深くにサメを発見。

川平湾のグラスボートでみたカクレクマノミ

30分ほどのグラスボートでしたが、カクレクマノミをはじめ、巨大なシャコガイやこれまた立派なホラガイ、ジャガイモの形をしたサンゴの塊など、他ではなかなか見られない海底を手軽に楽しむことができました。

次に川平湾から10分ほどにある底地ビーチに立ち寄ったのですが、遊泳エリアが小さく囲われていてパッとしなかったので、それならば宿のすぐ近くのビーチに戻ってのんびりすることにしました、もう運転しないならお酒も飲めますし(^^♪

明石集落のヤギ

途中タコライスを持ち帰りして、宿でむしゃむしゃした後は、集落のヤギなど愛でてから、明石ビーチでの~んびりしました。

明石海岸の波打ち際

ハブクラゲが出るので遊泳には向かない海ですが、少しシュノーケルしてみたところ、湾の真ん中に突き出た岩場に向かって100mほど進むと大きなサンゴがあり熱帯魚もいました。
明石海岸はマイナーだけど静かなロングビーチを満喫するのにうってつけで、もっと整備すれば観光客が来そうなもんですけど、この秘境感がなくなってしまうのはもったいないのかも。

明石集落の馬

それに明石集落のこのノンビリさも観光客があまり来ないから保たれるのでしょう。

夜は、宿のご厚意で、明石食堂で夕食をとることにしました。
夕飯込みプランで宿泊していたのですが、「3日目のメニューはソバなので、だったら石垣島の人気ソバ店である明石食堂で食べたらいかが」と勧められたのです。
お代は支払っておきますって言われたので、料金は払わなくてよかったです。

明石食堂の野菜ソバ(小)と単品ソーキ

昨日のカヤックのガイドさんにも明石食堂を勧められていて、「野菜ソバとソーキ単品を頼むのがおすすめですよ。」と、教えてくれたので、その組み合わせで注文。
ビールをちびちびやりながらトロトロに煮込まれたソーキをつまみ、野菜たっぷりのソバを食す。
ああ最高、これ正解。

野菜ソバは小で600円ソーキ単品は500円でしたが、食べ盛りの体育系男子でなければ、十分お腹一杯になります。
ごちそうさま~。

曇りで結局滞在中一日たりとも星空を臨めない「星空保護区」をふらふら歩いて宿に戻ってから、再び泡盛を飲んで就寝、明日はもう帰る日です。

9月11日、朝10時石垣島発の飛行機でしたので、てきぱきと支度をして朝食を頂いたら空港へ。
宿去り際にパインジュースとシークワーサージュースを頂き、名残惜しく石垣島を後にしました。

帰りの飛行機から見た景色

今回は、コロナ禍でしたが、どこぞの地方みたいな他県民への嫌がらせがないどころか、道行くおばあが気さくに挨拶してくれたり、心がほっこりする素敵な出会いのある旅になりました。

さて、家に付いて体重計に乗りましたら、2時間シュノーケルしてもカヤックでめちゃめちゃ漕いだのに、なんと3kg増量中・・・コレが目を背けてはいけない中年の現実、また現実逃避したいっす。

旅行記 石垣島

9月9日は日中と夜と元気よく活動したので2回に分けてブログにしています。

後半戦:吹通川マングローブとサンセットカヤック

17時30分に海音マングローブとサンセットカヤックツアー4000円に参加すべく吹通川駐車場にやってきました。

吹通川の駐車場から見るヒルギ群落

昼間にシュノーケリングをしすぎて既に筋肉痛でしたが、マングローブカヤックをやってみたかったので気分はウキウキでした。
空には雲が広がり始めサンセットは無理そうだとガイドさんに言われつつツアースタート。

カヤックで吹通川の上流へ進む

吹通川のヒルギ群落を見ながらゆっくりとカヤックを漕いでいきました。

ヒルギ群落をカヤックで進む

だんだんと川幅が狭まって、鳥の鳴き声しか聞こえない静かな空間をひたすら漕いでいき、湿地帯に上陸。

川面にサガリバナを発見

マングローブの花であるサガリ花が川面に浮かんでいました。

ヒルギ群落の大シジミ

巨大しじみを発見、他にもシオマネキの雄が立派なハサミを披露してくれたり、トビハゼがぴょんぴょん飛んでいたり、今回は見つけられなかったのですが大きなシャコもいるそうです。

45分くらいマングローブ林を散策したのち、サンセットは微妙なところだったのですが、とりあえず海まで漕ぎ出すことにしました。

吹通川から海へ

雲が邪魔して夕日はやっぱり見えませんでしたが、サンセットカヤックやってよかったです。

サンセットカヤック

というのも、海が静寂に包まれて、なんというかこの空間を独り占めしちゃったみたいな幸せ気分に浸れたから。

カヤックを終えて宿に戻ってきたのは19時30分過ぎでした。
シャワーを浴びてサッパリしたら夕飯の時間です。
宿の方曰く「お酒の持ち込みOK」とのことでしたので、今朝散歩の際に集落の共同売店で請福1本を購入しておきました。
それを持ち込んで、沖縄家庭料理とともに一杯やりつつ夜が更けていくのでした。

パイヌシマコーラルリゾートフィッシュの夕飯

沖縄のジューシーっておいしいですよね。

その4へ続きます。

旅行記 石垣島

9月9日(水)は前半「米原ビーチシュノーケル」、後半「吹通川マングローブとサンセットカヤック」と一日中めいっぱい遊びました。

前半戦:米原クラブのガイドさんによるクマノミ観察シュノーケル

朝7時に宿で朝食を頂き明石海岸をぶらぶら散歩しつつカニやヤドカリと戯れて一日がスタート。

明石海岸のヤドカリ

レンタカーで石垣島で一番シュノーケルに適しているという米原海岸へ向かいました。
台風の後だったので、海が荒れていては危ないとガイドさん体験2500円を予約していたのですが、これが大正解。
ビーチエントリーなのにアウトリーフまで到達でき、クマノミのポイントに連れて行ってもらえたり、米原海岸を満喫することができました。

待ち合わせ場所は海そばティーラという米原海岸すぐの軽食屋さんで、ここで飲食をする代わりに駐車場やシャワーを貸してもらえます。
宿からシュノーケルセットを借りてきていたのですが、排水弁がついているほうがいいとかなんとかで、結局軽食屋さんでシュノーケルマスクをレンタルしました。

海そばティーラ

10時過ぎから米原海岸の西側の岩場に移動してシュノーケル開始、簡単な講習を受けて海に入りました。

米原海岸の西側にある岩場からエントリー

私は運動音痴なのでどうもうまくフィンが使えず、途中からガイドさんに引っ張てもらって各ポイントを回ることになりました。
米原海岸はアウトリーフまでが近く100mくらいで到達できる感じでした。
リーフエッジのところはサンゴ礁がビッシリあり熱帯魚も豊富で見ごたえ抜群。

米原の海はサンゴでいっぱい

沖縄では6種類のクマノミが生息しているそうですが、今回はそのうち4種類を見ることができました。
クマノミはイソギンチャクに定住するので場所が特定できるのですね。

米原海岸のカクレクマノミ

1種類目はニモのモデルであるカクレクマノミ。

米原海岸のハマクマノミ

2種類目はハマクマノミ、白い模様は横に1本だけ。

米原海岸のクマノミと白いイソギンチャク

3種類目はクマノミで、住処の白いイソギンチャクが立派でした。

米原海岸のセジロクマノミ

4種類目はセジロクマノミ、線の入り方がモヒカンみたいで独特です。

米原海岸でシュノーケリング

結構スパルタなシュノーケルだったので、ほぼ2時間海に入りっぱなしでしたが、よい体験になりました。
ガイドさんが写真を撮ってくれたのでブログにたくさん水中写真を載せることができ、感謝です。

さて、お昼に海そばティーラに一度戻って肉そばと海そばを食べ、次は個人でビーチの東側にある青の洞窟まで行ってみました。
岩場に沿って行くと洞窟はありましたが、そんなにきれいではなく、海底はナマコでいっぱいでした。
結論としては、個人で行くとやはりポイントが分からないので、皆さんも米原海岸でシュノーケルする際はガイドさんにお願いするのをおススメします(^^)

透き通る青さの米原海岸

きれいな海に別れを告げてシャワーしてかき氷を食べたらもう15時、いったん宿に戻って休憩をとることにしました。

その3へ続きます。