旅行記 ニュージーランド北部

「その3」にもおつきあいくださいましてありがとうございます。

5月11日朝、薄暗さに嫌な予感がしつつ窓から外を見てみると雨が降っていました。一番雨が降ってほしくない日に雨が降るのは我が旅の定番です。このお天気ですし、移動を最小限にするため、温泉はホテル付属のスパプールを利用することにしました。

受付でスパを予約すると9時00時から30分枠がとれたので、カギを受け取って早速プールへ。SUDIMA LAKE HOTELの温泉施設は、プールと個室スパに分かれていて、個室スパにはカギがかけられジャグジーが楽しめました、が、ジャグジーを作動させたらひどい塩素臭に目が痛くなったので、ジャグジーなしでゆっくりとお湯につかりました。塩味があり硫黄臭のするお湯で、水着着用でないと入れないことも考えると、やっぱり日本の温泉が一番かなあと、異国の地で気づいたのでした。

ホテルチェックアウト後、バス発着場所ISITEで荷物を預け、路線バスのルート1番でSKYLINE GONDOLAに向かいました。ランチブッフェを予約していたので雨でもなんでもゴンドラに乗ってゴンゴタハ山山頂のレストランでランチを楽しまなくてはなりません。路線バスの運転手さんはマオリの方が多いのか、行きも帰りも親切なマオリのドライバーさんで降りるバス停も教えてくださいました。

ランチ予約1時間半前にゴンドラ乗り場についてしまったので、大雨ですが隣にある施設RAINBOW SPRINGS にやってきました。ここではニュージーランド国鳥であるキーウィの繁殖施設やトラウトの泳ぐきれいな泉やシダが生い茂る遊歩道の散策ができます。

奥まったところにキーウィの施設がありました。夜行性のため暗闇での観察となるためどこにいるんだろうと目を凝らしていると、居合わせたインド系の観光客が「ここにいるよ」と教えてくれました。

「ああ、なんとかわいいのだろう」我が愛犬の丸い後ろ姿のような愛らしいフォルムに見とれていると、キーウィがこちらに走ってきて、その長いくちばしで我々を隔てるガラスをつつき始めたのです、コツコツコツコツ・・・。正面から見ると目がくりっとしていて、羽がないまるっとした体がちょこまか走るのを実際に見ることができて感動モノでした。

写真撮影禁止のため剥製をパチリ。

そうこうしているとランチの予約時間12時30分が近づいてきたので再びゴンドラ乗り場へ。ゴンドラに乗る人は我々を除いてゼロ、それもそのはず、雨は本降りで霧まで立ち込めて視界は限りなくゼロになっていました。10分弱で山頂へ到着し、レストランでは窓際の席をあてがわれたので、ブッフェランチ中の霧が晴れた一瞬に景色を楽しむことができました。

ランチ後は再度キーウィを見にRAINBOW SPRINGSへ立ち寄ってから、町の中心にバスで戻ってきました。16時に予約したインターシティバスは定刻通りに出発し、雨の中放牧された牛が草をはむ景色を見ながらオークランドのマヌカウに戻りました。マヌカウからは路線バスで国際空港へ。翌日は早朝フライトでの帰国だったので、空港直結のホテルに宿をとったのでした。空港にはお酒を売る店が見当たらず、客室ミニバーの白ワインを飲んで最後の夜を締めくくりました。

12日は帰国日、エコノミークラス10時間半のフライトが原因か、13日早朝に背部にぴきっと激痛が走り仕事ができない状態になってしまいました、いつも開いている整体院を自負しているだけになんとも情けない、予約変更していただいた皆様ありがとうございます(*_*;

歳を感じたのは微妙でしたが、土ボタルやキーゥイなど珍生物の宝庫、安くておいしいワイン、気さくな人々、素敵な体験がいっぱいのニュージーランドおすめです(^^)

旅行記 ニュージーランド北部

5月10日早朝にバッチリ目覚めていた私、7時15分にはバスターミナルでGREATSIGHTS観光バスの受付を済まさなければならず、ソワソワしてしまいぐっすり眠れませんでした。

今回の旅のメインイベント、ニュージーランド北部にある温泉地ロトルアへ、4時間ほどのバス旅です。
途中、WAITOMO GLOWWORM CAVESという洞窟に立ち寄り、土ボタルを見学するお楽しみもありました。

私はお金をかけずに楽しむをモットーに旅行計画を立てるので、事前にインターシティバス経由で今回利用した観光バスGREATSIGHTSの予約を取った際、「日本語ガイド不要&ロトルア着時のホテルまでの送迎なし」という最も安い料金を選んでいました。
大変幸運なことに、同乗者に日本語ガイドを付けた日本人グループがいて、この親切なガイドさんが私たちの土ボタル見学まで面倒を見てくださいました。
さらに、バスのドライバーさんに「できたらホテルまで送ってあげて」と頼んでくださったようで本当に感謝感謝です。

さて、オークランドを7時30分に出発したバスは、洞窟のあるワイトモに10時30分くらいに到着しました。
30分ほど徒歩で鍾乳洞を見学して、お目当ての土ボタル見学は最後の5分強くらい、船に乗って天井に無数に光る土ボタルを見上げるというものなのですが、とにかく素晴らしいの一言。
真っ暗闇の中、土ボタルが放つ青白い光が天井一面に広がっている、なんとも幻想的な空間を体験できました。
残念なことに写真撮影は禁止なので、洞窟から出たところで写真を撮ってみました。

ここで親切ガイドさんとはお別れで、ロトルアまでは別の日本人ガイドが乗るようなことを聞きました。
観光バスGREATSIGHTSは、目的地の違う客が同じバスに乗っているため、途中バスの乗換があるとかないとか、とにかくややこしく、無事につけるのかだんだん心配になってきました。
次の日本人ガイドは、これが普通なのでしょうが、かなり塩対応でした(=_=)
日本語ガイドなし料金しか払ってないのだから当然なのですが、「ちゃっかり洞窟ガイドしてもらいやがって」と言葉にはしなかったものの全身で不満を表現したのち、我々の目の前から去っていったのでした・・・。

13時30分ロトルア市内に到着、ドライバーさんは途中で降りようとした我々に大丈夫だからと、わざわざホテルまで送り届けてくださいました、本当にありがたかったです。というのも、ロトルアで宿泊したホテルSUDIMA LAKE HOTELは徒歩で中心地からは15分くらいかかり、ツレが旅行前に発症した歯槽トラブルによる頭痛がひどくなっていたので、荷物を引きながら行くのは少し辛かったのです。

ロトルアはさすが温泉の町で、地熱活動が活発で所々で湯気がモクモク噴出し、硫黄臭が充満していました。硫黄のにおいでツレの頭痛はピークに達し、散策もそこそこにホテルでゆっくりすることにしました。

ニュージーランドの野鳥プケコもたくさん歩いていました。

ガバメントガーデンは紅葉が大変きれいでした。

ここ数年、海外で1回はタイ料理を食べることにしています、どの国にも本格的なタイ料理屋があり米を使った料理がテイクアウト可能なのと、店員さんのスマイルに大変癒されるからです。今回はホテル近くのHERBS & SPICES THAI ROTORUA でテイクアウトしたタイカレーと肉野菜のカシューナッツ炒めをこれまたホテル近くのスーパーで購入したワインとともにいただきました、ココおすすめ。

ロトルアの温泉体験は明日に期待しておやすみなさい・・・。

旅行記 ニュージーランド北部

こんにちは、5月の連休はいかがお過ごしでしたか。
私は先週はニュージーランドに滞在していました、目的はマオリ族の地ロトルアで温泉に癒されること。
店を閉める日は極力少なくがモットーなので、3泊5日の短い旅行にしたのですが、首背中を痛める羽目に…寄る年波には勝てぬ( ゚Д゚)

5月8日(月)13時30分で店を閉めて、いろいろ片付け等して成田空港へ。
今回利用したのはニュージーランド航空、唯一の直行便がある航空会社なのです。
18時30分成田発→翌日8時5分オークランド着、実際は20分くらい早く到着しました。

オークランドから市内へは、インターシティバス9時50分を事前に予約していたので空港でだいぶ時間を持て余したのですが、このバスは一人10ドルとお得で、急ぐ旅でもありませんのでよしとしました。
10時30分過ぎには本日お世話になるホテル[HOTEL GRAND CHANCELLOR AUCKLAND]に到着、14時チェックインタイムまで街散策しなくては。

5月中旬のオークランドは秋から冬へ向かう季節、紅葉の真っ最中で木々が赤や黄色に色づいてきれいでした。

アップダウンの激しい街を歩いて緑豊かなオークランドドメインにあるウィンターガーデンにやってきました。
温室では珍しい熱帯の植物や菊などが育てられていて、外にはシダ植物の生い茂る遊歩道もあり無料とは思えないクオリティ。
日本にいても海外に来ても我々はいつも街をぶらぶらしています、行動が変わりません(#^^#)

散歩でだいぶ疲れたので、ランチをしに町の中心に戻ってきました。
ムール貝料理で有名なTHE OCCIDENTAL BELGIAN BEER CAFE へ。
蒸しムール貝1㎏とビールピッチャー1Lで頼みましたが、大盛ポテトフライもついていて2人で満腹になる量でした。
蒸しムール貝はクリームオニオン味を選びましたが、身が大きくぷっくりしていて美味しかったです。

満腹になると疲れがどっと出たので、NEW WORLD METROというスーパーでワインとパンとリンゴなどを買って、ホテルへ。

ハッと気づくとすっかり夕方になっていました、夜便であんまり眠れなかったためぐっすり昼寝をしてしまったようでした。
宿泊ホテルはハーバーに近いので、夕飯を調達しにフィッシュマーケットに行ってみました。
途中跳ね上げ橋がちょうど上がっているのを見たりしながらWYNYARD QUARTERまで歩き、OCEANZでフィッシュ2種類のフライをゲット。

ホテルにはミニキッチンとバスタブがついていて至極快適、フィッシュサンドを作りワインとともに夕飯を楽しみ、バスタブにゆったり浸かって就寝しました、明日は早朝から目的の地に移動しなくては!