旅行記 サイパン

1月16日市内観光とゲストハウスオーナーご厚意の数々

最終日は、水着になると片付けが大変なのでガラパンから徒歩圏内で市内観光をしました。お出かけ前の朝食は、ゲストハウスで頂くパンケーキと卵料理。パンケーキにフルーツが飾られていてとてもおいしかったです。

アベニューゲストハウスのパンケーキ

8時過ぎに市内散策に出発。最初の目的地は、ガラパンから2kmほど南にある日本刑務所跡。サイパンは第一次世界大戦後30年ほど日本の統治下におかれていたのですが、その際に使用されていた刑務所だそうです。建物は天井が落ちているため内部には草木がうっそうと茂っていて、日中に行ってもなんだか怖い感じがしました。

日本刑務所跡 ガラパン

刑務所跡からガラパン方面に300mくらい北上すると、砂糖王公園があります。こちらは日本統治時代に産業のあまりなかったサイパンに砂糖産業を持ち込み、地域の経済に貢献した日本人の像とサトウキビの運搬に使われた蒸気機関車を見ることができました。ここで急な雨に降られたので、いいのかわかりませんが蒸気機関車内で雨宿りしてしまいました。

砂糖王公園の蒸気機関車

雨が小降りになったので、散策再開。砂糖王公園のすぐ東側には、香取神社がありました。さらにその奥に平和の鐘があるらしいのですが、道が途中で途切れて虫がたくさんいそうだったので到達は断念して香取神社で平和を祈っておきました。また、神社には、統治時代に日本人がたくさん住んでいたことがわかる地図もあるので必見です。

サイパン香取神社

観光どころを回ったので、ガラパンの中心へ戻ってきました。Tギャラリアに寄ろうとしたら、まだ開店前でしたので、開店時間の10時30分まで近くのビーチでぼーっと時間つぶし。遠くにタンカーが停泊しているのは、そこに先日気づいた天然の波消しブロック帯があるからだと思われます。

Tギャラリア付近のビーチ

Tギャラリアでスカイマークパスポートを使ってくじ引きしたりチョコレートをもらったりして、ちょっと得した気分になってから、アメリカ記念公園に向かいました。

アメリカ記念公園はガラパンのど真ん中にあり、第二次世界大戦をアメリカ側からの視点で見られる施設です。ビジターセンターは無料ですが、入り口に寄付ボックスがあるのでチップを入れてさらっと見てきました。戦争時には日本人だけでなく、多くの現地人も犠牲になったことを学びました。

戦争情報でなんだか気分が落ちて、ゲストハウスに戻ったのは12時前。めいっぱいサイパンを楽しんでほしいからと、ゲストハウスでランチをサービスしてくれることになっていました。シャワーをして帰り支度を整えてから食堂へ行くと、オーナーご夫婦がいろいろ料理を出してくださいました。サイパンに来たのに食べていなかったチャモロ料理として、チャモロパン&カレー添え、あとサラダやパスタなど、自家製パッションフルーツも頂きました。

アベニューゲストハウスのランチ

オーナーと話をしていたらなんだか話が尽きなくて、あっという間にシャトルバス乗り場に向かう時間である14時になってしまいましたが、なんと空港まで送ってくれるというのです。

アベニューゲストハウスから空港までは自家用車なら15分程度ということで、ご厚意に甘えて空港まで載せていってもらいました。空港はサイパンの南部にあるのですが、空港に行くついでにと、簡単な南部観光もしてくださいました。

朽ちた戦車 サイパン空港近く

壊れた戦車や、堅牢で未だに使える建物や防空壕など、空港近くにたくさん残っているようですが、現在ではその戦争の爪痕は、うっそうと茂るマメ科植物によって覆い隠されてしまっているようです。下の写真は防空壕内部、分厚くて丈夫そう。

防空壕内部

空港でオーナーに別れを告げ、またサイパン来たらここのゲストハウスに泊まろうと心に決めつつ、サイパンを後にいざ日本へ。帰るときは決まってお日様が顔を出す…。

飛行機からサイパンの写真

サイパンは「日本から近くて、海のきれいさはピカイチ、衛生面の問題なく、人々はフレンドリーで親切」こんなあるあるづくしの場所はそうないんじゃなかかと旅を思い返しつつ、サイパン旅行記を終わらせたいと思います。

p.s.年末年始に調子の悪かった愛犬ですが、その後華麗なる復活を遂げて元気でおります。

愛犬写真

寒い国でお留守番してたからスネてますがね。by愛犬

旅行記 サイパン

1月15日マニャガハ島とアクアリゾートの日帰りプールへ

早朝7時にゲストハウスにて無料の朝食を頂きました。敷地内にフルーツやハーブのガーデンがあり、朝食に採れたてのパッションフルーツなど出してくれました。そのあとオプショナルツアー参加場所であるフィエスタリゾートまで車で送ってくれました。

8時15分にツアーの車に乗って、マニャガハ島行きの船着き場まで向かいました。船着き場に猫の親子が住み着いていてとっても可愛いなあと眺めながら出向を待ちました。

サイパン 船着き場で遊ぶ子猫

船が出てみれば15分程度の船旅でマニャガハ島に到着。島はどんより曇り空、晴天に恵まれないのはいつものことなのでめげてはいられません。

マニャガハ島

マニャガハ島ではまずインフォメーションカウンターに立ち寄り、隣にあるショップで2ドルのロッカー用コインを買って、そのまた隣にあるトイレ内のロッカーに貴重品類を入れてから海に向かいました。ロッカーは小さいと聞いていましたが、2人分の着替えが入るくらいの余裕はありました。

ビーチパラソルがたくさんある遊泳エリアの右手にライフガードはいないが熱帯魚がたくさん見られる場所があるということでしたので、その付近の木陰に荷物を置くと早速海へドボン。

マニャガハ島 遊泳エリア外

遠浅でサンゴが広がる海中に、本当にたくさんの熱帯魚が泳いでいました。サンゴに隠れているタコを見つけて一生懸命写真を撮ったのですが結局1枚も取れず、無理に首を伸展させていたからか猛烈な首のコリと気持ち悪さを感じて、以降はスノーケルを楽しむことができませんでした。

いったん陸に戻り、島内散策をしていたのですが、第二次世界大戦で使われた大砲などを見て回っているうちについには雨にも降られ、12時の船で本島に戻ってきました。

マニャガハ島の大砲

本島の船着き場からは、次の目的地アクアリゾートに行くためバスに乗り込みました。今回のオプショナルツアーは「マニャガハ島+アクアリゾートのプール1日利用にランチとビーチバーでのカクテル付き」60ドル byココ夏ッ通信 で、本当にお得でした。

さて、ホテルに着いたらフロントの受付カウンターにいる日本人のお姉さんに手続きをしてもらって、荷物を日帰り客用のロッカーに入れてからランチブッフェのレストランへ、水着だったので冷房ガンガンの室内を避け外のテラス席でのんびり景色を見ながら料理を頂きました。

アクアリゾートのテラス席

フロントでタオルを借りたら、プールサイドにあるパラソル付きのチェアーに寝そべり、半日だらだら過ごしました、これぞホリデーでしょう。ホテル前に広がる海は遠浅できれいでした。

アクアリゾート前の海

夕方に、カクテルを頼んで海を眺めていたら、遠くにある島を囲む岩盤?が波消しブロックの役割をしていて、砂浜が削られないで保たれていることに気づき、この地形が美しい砂浜を守っているんだなあと感心したりして、日帰りリゾートホテルを満喫したのでした。

アクアリゾートビーチバーでカクテル

18時ころ宿泊ホテルに送ってもらってツアーは無事終了。まだアメリカンな食べ物を食べていないので、ハンバーガーがウリのレストラン TASTY BURGER & RIBS に行ってきました。今回はスカイマークで発行しているスカイマークパスポートなるものを提示するといろいろ特典が受けられるということで、このお店では缶ビールがもらえました。

TASTY BURGER & RIBSのUSAバーガー$11.50

食後は夜のガラパンをちょこっとお散歩しました。夜の街にやけに煌びやかにそびえ立つのは中国資本のカジノホテル。ホテル部分は現在も建築中ですが、カジノは営業していたので入ってみると、これまたギラギラ素材でできたドラゴンの巨大オブジェが天井からぶら下がっていて、思わず写真を撮ってしまいました。

カジノホテル内のドラゴン

のんびりしたサイパンの雰囲気は、中国の開発によってなくなってしまうのかなあと、若干さみしい気持ちになりつつホテルに戻りました。

3日目につづきます。

旅行記 サイパン

1年ぶりに日本サイパン間の直行便がスカイマークによって復活したということで、寒い日本から常夏サイパンへちょこっと旅してきました。

1月14日成田からサイパンへ

成田空港を10時15分に出て、サイパンへの到着は時差が1時間あるので15時到着予定。フライト時間は3時間半くらいなので国内線に乗っているみたいな感覚でしたが、しっかり機内食とアルコールのサービスがあり、国際線に乗っているんだなあと実感しました。あんまりお腹が空いていないから無理やり食べたお弁当ですが、結構おかずが凝っていておいしかったです。

サイパン空港の入国審査はあっさりしたもので、15分くらいで空港外に出られました。ここからスカイマークの期間限定無料サービスであるリムジンバスに乗って市内ガラパンの主要ホテルまで約30分、そこから徒歩で今回お世話になった「アベニューゲストハウス」まで5分ほど歩き、ホテルチェックインは16時くらいになりました。

アベニューゲストハウスの室内

こちらのホテルは日本人ご夫婦が切り盛りしているということで、海外なのに日本にいるような清潔感と安心感がありました。そして、ご夫婦がサービス精神旺盛で、滞在中いろいろお世話になってしまいました。

明日マニャガハ島へ行くオプショナルツアーの代金を18時までに支払わなければいけないのと、町の地理を理解するため、早速散歩に出かけることにしました。下の写真はホテルの共用テーブルスペースからで、中国資本が大規模開発しているカジノビルが見えます。

アベニューゲストハウスからの眺め

フィエスタリゾート内の現地デスクで無事支払いを終え、町をぶらぶら。Joeten’s Hafa Adai Deli のお弁当合計15.9ドルを、99Cents Supermarket で6種の違うビール合計11.55ドルを買いこんで、部屋食としました。

Hafa Adai Deliの選べるおかず弁当$7.95と99Cents Supermarket の缶ビール$2.99

サイパンは夕方になると路地に野犬がかなりの数出没するので夜間の街歩きは控えたほうが良いかもしれません、そもそも狂犬病予防接種していないのではと恐怖すら覚えました。翌日は早くからマニャガハ島なのでシャワーしてさっさと就寝、サイパン到着日はこんな感じで過ぎていきました。

2日目につづきます。