旅行記 エルニド

6月21日(木)
昨日夕日を見に行くより、ビールを選んだ私たち、今朝は5時30分からの Sunrise cruise に参加することにしました。
おそらくインド系であろうカップルが、時間になっても来ず、あろうことか一度出発した船を待たせてまで参加してきました。
そして謝罪の言葉はありませんでした。
外国人が謝らないって本当なんだな~と、その堂々たる態度にあきれるより感心してしまいました。
まあ、日の出には間に合ったし、良しとしましょう。

海に浮かぶ小島のてっぺんから顔を出した朝日はオレンジ色でとてもきれいでした。
カメラがなくへこんでいる私たちを尻目に、インド系カップルは船の先端でポージング、アクティビティースタッフも「写真撮ってあげるよ、カメラは?」と言ってきますが、私は無言でただただ朝日を眺めていました。

10時から Lagen Resort に向かいました。ここはプール完備で高級感漂う大人向けリゾートアイランドです。
プールサイドで早速トカゲがお出迎え。ここは、熱帯雨林のある島なのでいろんな野生動物がいるのです。
ペダルボートに、ちょっとリッチなランチ、デザートにハロハロも頂いてしまいました。
0621lagen2
0621lagen

14時からは Entalula island へ。
ここの海は、今回の旅で一番素晴らしかったです。
真っ白くて粒子の細かい砂浜が広がり、海の透明度は高く、海底や遠くで泳ぐ魚たちまでよ~く見えました。
イソギンチャクから顔を出すカクレクマノミはとても可愛かったし、顔が体の半分くらいあるへんちくりんな大きい魚が、岩にへばりついている苔を豪快にむしり取って食べている姿もおかしかったです。
0621entalula3

遊び疲れた、今日も夕暮れとビールを楽しもう!と、ミニロックに戻った私たちは、バーでビールを飲んでいました。
バーにはビリヤード台が一つあり、アジア人男性がひとり熱心にイメトレ中。
その方がどこかへ行ってしまったので、「私たちもビリヤードしてみる?」とツレを誘ってゲームしようとしていたら、先ほどの人が戻ってきました。
ツレの「やります?」(これは、私たちはしないのでどうぞ使ってください、の意味)に「OK!」(ぜひやりましょう!)の意思表示をしたアジア人。
にわかに、見知らぬ二人のアジア人のビリヤード対決が始まりました。
対戦者は台湾人で、奥さんのことを日本人と言っておきながら実は台湾人だったり、まあよくわからないですが、ゲームは楽しく盛り上がりました。

明日は、もう帰国日です・・・。

6月22日(金)
最後の日は、曇り気味の天気でした。
昨晩チェックアウトを済ませた(二人で飲み物代1万円あれば足ります!)ので、のんびりと朝食をとって、リゾートスタッフの方々に見送られて船に乗り込みました。
船が見えなくなるまで手を振ってくれるスタッフの皆さんに目頭が熱くなります、最後まで素敵な場所でした。
船でパラワン島の空港に行く途中、なんと!野生のイルカに遭遇しました。

帰りの空港で、プロペラ機にちょっとしたハプニングが起きました。
1機目は乗り込んだ後に、システムトラブルで降ろされ、2機目は左プロペラが回りません。
去年のハワイの悪夢再び?(もう一泊を余儀なくされ、予約の皆様に迷惑をかけました)と不安になりましたが、なんとかプロペラが回り出してくれて、無事にマニラに到着。マニラ空港では、空港税が550ペソかかったり、出国カードをカウンターでもらって書かなければいけなかったりと、面倒な手続きがありましたが、そのすべてを現地係員さんにしていただき、私たちは楽に出国することができました。FRENDSHIP TOURES & RESORTS のスタッフのみなさん、ありがとう(^.^)
そして、フィリピン航空の機内食を食べながら(行きより格段においしく感じたのは、味覚がフィリピーナ寄りになったのか?)無事日本に帰国することができました。

最後まではらはらどきどきの楽しい旅行で、お気に入りのビーチリゾートがまた一つ増えました。

おしまい。

旅行記 エルニド

6月20日(水)
ミニロックアイランドにはテレビがありません。なので夜更かししない分、朝5時には目が覚めてしまいました。
外に出ると朝日が昇る前の涼しいビーチが広がり、ハンモックでゆ~らゆらしてみたりして、素敵な1日の予感。
なのに、実際はちょっとしたトラブルがありまして、買ったばかりの防水カメラが初の水中撮影後に壊れたのです(ToT)
なので、21日からは携帯でのしょぼい写真になってしまいました。素敵な景色を撮っておきたかったのに。

さて、この日の最初のアクティビティーは、Jackfish feeding です。
ジャックフィッシュというマグロの顔に似た黒い魚が、猛烈な勢いで人が投げ入れる餌を奪い合うのです。
動きが早くてその瞬間の写真とれず。
0620jack

朝9時から Lagoons Tour に出発です。
最初はバンガーボートでビックラグーンを進み、切り立った崖を持つ特徴的な形の島々を巡りました。
上を見上げるとコンドルが旋回していてかっこよかった!
お次はスモールラグーンに移動して、カヤックとスノーケルです。
実はカヤック初体験な私、ちゃんと前に進むか心配でしたが、ツレが頼れる経験者だったため、
雄大なラグーンの間をカヤックで進むという、実に冒険っぽい体験をすることができました。
0620lagon_2

スノーケルを付けて潜ると、魚がわんさか泳いでいました。
初の水中撮影にチャレンジしたのですが、カメラを向けてもたもたしている間に、魚たちはどこかへ行ってしまうんですね。
まったくもって目にした光景をカメラに収めることができませんでしたが、海の透明度はばっちり、サンゴもきれいでした。
そしてカメラが壊れました・・・。
0620sea3
0620sea

本日のスケジュールは盛りだくさんで、この後は、Dibuluan island にてランチ。
この島は、雄大なマングローブ林が広がり、カヤックで島の周辺を散策すればもう探検家気分。
マングローブの種は茶柱のように海にぷかぷか漂っているんですね、面白いです。
足の青い大きなクラゲも発見しました。おっかないのでその後は海に入る気になれません。
0620dibuluan2

本当は、この後サンセットクルーズに参加する予定でしたが、四十路にはハードスケジュールが堪えまして、結局バーでハッピータイムを楽しむことになりました。
ミニロックの岩山から、お猿が一匹また一匹と下りてきました。
日が落ちつつあるビーチで、お猿を眺めながら、ピーナッツをつまみにサンミゲルビールを飲む・・・最高ッス。

夕飯時に、ダンスパフォーマンスがありました。宿泊客を巻きこんでワイワイガヤガヤと楽しい夜が更けていきました。

その④に続きます。

旅行記 エルニド

6月19日(火)
早朝5時45分出発のため、5時にモーニングコールを頼んでいましたが、その前に自然に目が覚めた私たち。
壁が薄いのか、廊下の音がまる聞こえで昨晩はあまり眠れませんでした。
そして5時を過ぎてもモーニングコールはかかってきません。
おかしいなあ、と思っていたら、携帯電話の時計を現地時間に合わせていなかったんです。
つまり、朝4時に起床してしまったことに・・・。

ロビーに行くと受付係がのんびりとチェックアウトの手続きを行っていました。
私たちの番が来るまで結構待たされ、現地係員の迎えが来るころちょうどチェックアウトを済ませました。
現地係員さんは、とても気のきく方で、親切にも朝食用の弁当を用意するよう交渉してくれました。
私がロビーで頼んだ時は、「できません」の一点張りだったけど、現地係員さんの交渉により無事朝食をもらえました。

さて、エルニド行きの国内線飛行場についた私たち、厳しい荷物検査と体重検査を終えて、ロビーで朝食を食べながら出発時間を待ちました。
初めて乗る小型のプロペラ機を見ると、不安と興奮が入り混じります。
0619plane_2

機内はコックピットが丸見えです。
エルニドは只今雨季なのですが、本当に運よく滞在中は天気に恵まれました。

0619plane2

1時間20分ほどのフライトで、ついにエルニドに到着です。滑走路が舗装されていません(@_@;)
ここエルニド飛行場から、小型ボートでマングローブの生い茂る小川を進み、すでに気分は冒険者。
0619mangrove

海につくと、バンガーボートというアメンボみたいな形の船に乗り替え、エルニドの小島「ミニロックアイランド」に出発です。
「ミニロックアイランド」ではいろいろなアクティビティーと食事が、飲み物以外すべて料金込みになっています。
船上で、これからの日程をリゾートスタッフと打ち合わせします。ここからは、英語オンリーなんです。
今まで海外に行くと、必ず日本語が流ちょうなスタッフに出会えましたが、これから3日間は本当に日本語が通じませんでした。

聞き取れない言葉をうやむやにして「Yes.Yes」と連呼していると、どうやらスケジュールが決まった模様。
本日は、Snake island とCudugnon Cave に行くことになりました。
そんなこんなしているうちに、ミニロックアイランドに到着しました。
切り立った岩山にうっそうと茂る熱帯植物、透明度の高い海、ああ、なんて素晴らしい場所に来たのだろう!
0619elnidowide

0919elnidodown

私たちの泊まる部屋ガーデンコテージは、壁に隙間があったりする素朴でこじんまりとした部屋でした。
リゾートスタッフたちが近くでコテージを補修していたのですが、材料から天然素材で、手作り感満載です。

さて、ランチはお目当てのフレッシュマンゴージュースをオーダー。デザートももちろんマンゴー。
しかし悲しいかな、デザートでマンゴーが出たのは、この日のランチが最初で最後だったのです。
知っていたら、もっとたくさん食べたのに・・・とマンゴーラバーの私はここで悔いるのでした。

約束の時間13時30分に、もうひと組のカップルとともに早速Snake islandへ。
相乗りのカップルに「中国人ですか?」と聞いたら「台湾人です!」と答えが返ってきました。
この台湾人は実に親切で、写真を撮ってくれたり、滞在中に我々を見かけたら手を振ってくれたりと、とってもフレンドリーでした。
普段は中国人と韓国人のハネムーナーが多い旅行地なのですが、私たちが行った時期は、ちょうどフィリピンと中国が領土問題でもめて、中国人の旅行客はほどんどいなかったのです。
アクティビティースタッフは、私たちが中国人で、台湾人の方を日本人だと思ったそうです。
なぜ、私たちが中国人に見えたのかは今もって不明です・・・。

さて、Snake island は、海に突然あらわれた白蛇のように、くねくねした一本の浅瀬でした。
ここにはおとなしい犬がいて、愛犬フクスケをふと思い出しさみしくなりました。
0619snakeisland4_2

次は、Cudugnon Cave へ。ここは第二次世界大戦時に日本兵が潜んでいた洞窟で、現地人を大変怖がらせたそうです。
0619cave4

本日のアクティビティーは、これで終了。
バーでサンミゲルビールを飲みながら、きれいな景色を愛で、その後の夕食でもサンミゲルビールと現地の方たちの歌を楽しみ、素敵な1日目の夜は過ぎていったのでした。

その③へ続きます。

旅行記 エルニド

2012年6月18日~22日のエルニド旅行から帰ってまいりました。
エルニドは、旅行者に大自然の元気をおすそわけして、また日常をがんばろうと思わせる、そんな場所でした。

6月18日(月)
早朝のフライト、しかも座席指定ができない安いチケットで行くため、6時前に成田に向けて出発。
7時過ぎには、フィリピン航空のチェックインカウンターに並んでいました。
まだ早いのにもう3列くらいできていて、果たして希望の席が取れるか、と心配していたら、日本人だからなのか?係員に手招きされ、早めにチェックインをしてもらえてラッキーでした。

予定通り13時過ぎにフィリピン空港に到着して、現地係員に今晩泊まる「マニラパビリオン」まで案内してもらったのですが、玄関には銃を持った警備員と立派な黒い番犬がいて、不審者が入れないようになっています。
銀行やデパートなどの入口に銃を持った警備員が配置されていることに、やはり治安が良くないのかなと思わざるを得ませんでした。
実際、事前に調べたネット情報では、マニラは恐ろしく治安が悪いと書かれていたので、かなりビビっていたのです。
本当のところ、昼間であれば近くのロビンソンスーパーマーケットまで徒歩で向かってもなんら問題ありませんでした。
危険なのは道路を渡る時で、だれも信号を守らないこと。車にクラクションを鳴らされても平然と進む人々に唖然。
私たちはコバンザメのように、現地人の後ろをちょろちょろと付いていき、ようやく道路を渡ることができたのでした。

ロビンソンでは、サンミゲルビールやドライマンゴーなどを手に入れ、物価の安さにホクホク顔でショッピングを楽しみ、帰り道では、おいしそうな匂いを漂わせている屋台に興味津津でしたが、さすがに初日にお腹を壊しては・・・と、地元で人気の「ジョリビー」に立ち寄ることにしました。
フィリピン人に勧められたローカルフードであるパラボックと、一押しのハンバーガーであるチャンプを購入しました。
ついでに、セブンイレブンに立ち寄り、あやしいカップラーメンとあやしいビールも購入。
セブンイレブンにも警備員さんがおり、店内を平和に保ってくれていました。天井にはごきぶりも・・・。

0618manila

ホテルの部屋からはリサール公園が見下ろせました、良い眺めです。
0618hotel

地元の物価を把握するために、初日にスーパーやコンビニに行けたことはラッキーでした。
ビールを飲んでジャンクフードを食べていると日が落ちてきて、びびりな私たちは外には行けそうもありません。
明日は朝5時起きでエルニドへのフライトが控えていますし、もう休むことにしましょう・・・。

その②へ続きます。