旅行記 島根と鳥取

10月23日(金)松江城の国宝天守から松江市を眺めて帰宅の途に。

朝は気持ちよく目覚めて、朝温泉してから朝食会場へ。
体の調子がすこぶるよかったので、宍道湖ビューのテーブルを陣取り朝食をモリモリと平らげて昨日のリベンジを果たしました。

松江ニューアーバンホテルの朝食と宍道湖ビューのテーブル

部屋に戻ってしばらくしじみ漁を眺めてから9時頃チェックアウトし、徒歩で松江城へ向かいました。
松江ニューアーバンホテルから北へ5分ほど進み、島根県庁の中を通って千鳥橋から松江城に入りました。

松江城へ通じる千鳥橋

しばらく進むと左手に西洋風の建物が立っていました。
これは興雲閣といって明治天皇が使用するために作られたけどその目的は果たせなかった、迎賓館のような建物です。

興雲閣外観

さらに階段を上っていくと、目の前に立派なお城が出現しました。
第一印象はカッコイイ~でした。

松江城外観

国宝の天守まで上がるには、登閣料680円が必要で、手前にあるチケット売り場で購入しなければなりません。

松江城の中は、敵に攻め込まれたら攻撃できるように銃口を外に出す穴や石を落とす穴などがあり、階段も急で狭いので、攻める方は大変だったろうなぁなどと思いを馳せながら天守まで上がりました。

天守からは松江市の大部分を見下ろすことができ、殿様気分が味わえます。

松江城天守から町を見下ろす

1時間ほどぶらぶら散策した後は、ホテルに止めてある車に乗り込み、旅のシメをしに行きました。
そのシメとはカニを食すこと。
鳥取はズワイガニが特産なのだから食べずには帰れないということで、空港近くの境港かに食堂にてカニ寿司弁当を予約しておいたのでした。

境港かに食堂のカニ寿司弁当

境港かに食堂に11時過ぎに着いてしまい、まだ開店準備中でしたので少し時間をつぶしてからお弁当を手に入れました。
空港近くには夢みなと公園があり、駐車場も大きく海に面したベンチがあるのでお弁当を食べるのにおススメです。
地元の人々がのどかに魚釣りをするのをのんびり眺めながら待望のカニを頂きました。
カニにはちとうるさいワタクシ、弁当にカニはたくさん入っていたのですが甘みが期待ほどでは・・・。
まぁ、このお弁当に地域共通電子クーポンが使えたので不満は全くありません。

米子空港近くの夢みなと公園

14時35分を少し遅れて発ったANA1088便は、定刻16時に羽田空港に着陸しました。
最近ガラガラの飛行機に慣れてしまっていたので、隣に見知らぬ人がいた今回のフライトには違和感すら感じるようになってしまいました。
しかしながら、go to travel キャンペーンで多くの人が再び旅行を楽しめる雰囲気に戻ってきたのは喜ばしいことです。
皆様もちょっと足を延ばしてはいかがですか?