旅行記 フーコック島

その1の続きです。

1月4日:フーコック→ホーチミン

早朝ホテルチェックアウトし空港に向かいます。

予約時に帰りの空港送迎もお願いしていたのに、なぜか希望は聞き入れられず、フロントでタクシーを呼んでもらうことになりました。

ベトナムのタクシーはぼったくりが多いとか評判が悪いので、タクシー利用は避けたかったのですが仕方ありません。

タクシーはメーターを使って順調に走り出したので一安心、しばらくすると朝のラッシュなのかたくさんのバイクが入り乱れて道路は大渋滞。

またもやドキドキ時間の始まりです、バイクの左右に売り物を取り付けた幅のあるバイクも多く、その一つがなんと幅寄せをしてきて・・・

ガリガリガリと、明らかに乗っているタクシーに当たってきたのです。

タクシーに幅寄せしたバイクのおばちゃんが悪いはずなのですが、なぜかものすごい剣幕で騒ぎ立てて、タクシーの運転手が車を止めて外に出る騒ぎになりました。

道の真ん中に停車したタクシーをバイクが縫うように追い抜いていくし、事故ったおばちゃんは大声で叫んでいるしで緊迫した雰囲気、成り行きを固唾を飲んで見守るしかありません。

なんとか和解したのかドライバーが戻ってきて、事故の後とは思えないスピードで飛ばして空港に到着、メーターは242000ドン、お釣りをくれなくて250000ドン支払いましたがまあ無事についたからよしとしました。

というのも、ほっとしてタクシーを見ると前輪部分がかなり変形していて、あのスピードでもし前輪がロックしたらと考えたら無事で着いただけ感謝なのです。

フーコックからホーチミンへはVN1824便で向かいましたが、この国内線はくせ者のようで私の場合予約時から時間変更が4回もあったので、もしベトナム航空を利用する方は、旅程を余裕をもって立てたほうがいいと思います。

さて、ホーチミンでは泊まりはしませんが、荷物置きとシャワー利用のために空港徒歩15分のラグジュアリーアパートメントというホテルに予約をしていました。

このホテルは空港送迎が無料なのに惹かれたのですが、空港の所定の場所に着いてからホテルに連絡をして迎えに来てもらうというちょっと面倒くさいシステムでやや手間取りましたが15分ほどで迎えが来てくれました。

ホテルで荷物を置いてから空港まで歩いて空港のバス乗り場へ、市バス109番は空港からベンダイン市場まで20000ドンで行けるし車内がきれいなので嫌タクシー派にお勧めです。

ベトナムの南部は観光のベストシーズンなのですが、なにしろ暑くてバイクが多く、すぐにバテました。

i.dカフェでバインミーとビールを注文して元気を補充した後、再び乾期の街中へ。

サイゴン大聖堂は2018年1月現在改装中で中に入ることはできません。

サイゴン中央郵便局は19世紀末のフランス統治自体に建てられたそうですが、今でもしっかり現役です。

お次はストーンマッサージ体験のために、ロッキースパというマッサージ屋さんに向かいました。

日本人ご用達のお店のようで、90分ボディーマッサージで400000ドンにチップ込みなので安心ですし、カギのかかるロッカーもあり問題なくマッサージを楽しめました。

ストーンマッサージは、背部にオイルを塗った後に温めた石を滑らせるマッサージ方法なのですね、世の中いろいろなリラクゼーションがあるものです。

マッサージ後は、また109番に乗車して50分弱で空港近くのバス停まで戻りました。

途中バスから外を見ると、帰宅ラッシュでバイクが入り乱れて大混雑になっていましたが、朝利用したタクシーと違ってバスは大きいから安心して乗っていられました。

ホテルでシャワーを浴びて、近くの商店で買ったビールを飲んでさあ空港に向かいましょう。

1月5日:ホーチミン→成田

予定時刻深夜0時30分を遅れて出発したVN300便が日本に着いたのは朝8時前だったでしょうか。

成田の気温は-1℃、32℃の常夏から一気に真冬に戻ってきた私はこの後不覚にも体調を崩し「もう無理がきかないお年頃」であると自覚させられてしまうのでした・・・。

何はともあれフーコック、観光地化が完了していない素朴な感じの今がオススメかもしれませんよ(*´ω`*)

 

旅行記 フーコック島

今年も当院をどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

皆様はお正月どう過ごされましたでしょうか。私はフーコック島に行ってきました。

1月1日:成田→フーコック

9:30発のVN301便でホーチミンへ14時過ぎに到着、現地に着いたらまずはATMで現金調達です。

国際空港の出口付近にシティーバンクのATMが2つあり外国人が列を作っていました。

1つ目はカードが読み取れずATMが停止してしまい焦りましたが、他の外国人も首をかしげていてうまくATMからお金を出せていない様子でした。

気を取り直して2つ目のATMでようやく3000000ドンをキャッシングでき手数料60000ドンは高いだろうと思ったもののひとまず安心できました。

30分遅れのVN1829便に乗継いで、フーコック空港に着いたのは夜の19時くらいでした。

空港にはホテル送迎を頼んだのですが連絡がなかったので、はたして迎えが来ているか不安だったのですが、ホテルの名前を持ったお兄さんが待っていてくれてホッとしました。

今回宿泊したホテルはオンランビーチにあるベラフーコックリゾート、空港から40分程度離れた場所にあります。

東南アジアで車に乗ると下手なアトラクションよりよっぽど刺激的だと思います。とんでもない交通量の中、クラクションを鳴らしながら飛ばすのでドキドキしっぱなしです。

町の中心部を通過中に交通事故に遭遇しましたが、まだそんなに時間が経っていなかったようで生々しく・・・無事につけるか手に汗握りました(-_-;)

そんなこんなで無事にホテル到着、夜のホテルはライトアップされてきれいでしたが、とにかくどっと疲れが出たので風呂に入ってすぐ就寝し1日目が終わりました。

1月2日:フーコックでも寝正月

朝は朝食前に目覚めて、徒歩3分くらいのオンランビーチへ向かいました。

ビーチは砂がキュッキュッと鳴って素足に心地くカニの巣穴がいくつもあり、海は目視で熱帯魚が泳いでいるのが見えるくらいの透明度があります。

しかもかなり遠浅で安全に楽しめます、海水もべたつかずひりひりしたりしませんでした、場所によって海水の質は違うんですね。

残念なのは、地元の方の海水浴場当たりに差し掛かると急にゴミや汚れが目立ちだしたことです、ホテル周辺のみキレイに管理されているということなのでしょう。

朝食はホテルで。ベトナムは2回目なのですが、お気に入りは食パンで、軽くてラスクみたいな触感が癖になるおいしさ。

朝食の後は、正月だもの朝からアルコールでしょ、ということで商店を探しに行きました。

徒歩1分くらいで小さな商店がやっていて、お母さんと小さな女の子がレジ前でフォーを食べていました。

ビール1本15000ベトナムドンなので75円くらいでしょうか、高額紙幣しかなかったので困り顔をされましたので謝りながら商品を購入しました。

ホテルのプールサイドにあるチェアーでゴロゴロしながら日光浴と読書三昧・・・場所は違えどもしていることは寝正月と変わりません(*´ω`*)

プールサイドのチェアーを確保するため、お昼もプールサイドのレストランでとることにしました。

パパイヤサラダと炒飯、ビールとマンゴースムージーで320000ドン、その後も夕方までプールサイドで至福の時を過ごしました。

フーコックといえば夕陽が有名なのだそうですが、この日はあいにく曇ってきてしまったので明日に期待して夕食探しに出かけました。

ホテルから徒歩10分のレストラン街の一つNONAMEBBQに入り席に着くと、その辺の草をむしってきたようなワイルド感満載サラダ?が運ばれてきて、食べてみるとドクダミやらミントやらシソという個性のぶつかり合いみたいな味に東南アジアを感じました。

貝の串焼きとイカの炒め物とカレーライスにビール4本で280000ドンくらい、満足の夕飯でした。

 

1月3日:あいかわらずフーコックで寝正月

朝から夕方までホテルのプールサイドで読書をしたり昼寝をしたり、こんなにダラダラしてよいのかしら、正月だからよいのです( ˘ω˘ )

お昼にレストランでビールを注文したら氷が満タンに入ったジョッキと共に出てきて、暑い昼下がりにはコレかなりおいしいです。

そして夕方になり前日諦めた夕日を見にビーチへ行きました。

それにしてもここのビーチはなんだか絵になるのは何でかな~と思っていたのですが、ツレが「みんな体が締まっているけどどこの国の人だろう?」と言うので、

なるほど、ビーチで遊ぶ端正な外国人たちがビーチの雰囲気を引き立てていたのだと気づいたのでした。

耳慣れない言葉を話していて、結局どこの国の人たちかはわからずじまいでしたが。

夕日はというと、まあまあかな。期待しすぎはよくないようです。


 

夕日の後は昨日の夕飯と同じレストランへ、外にあるお店なので、今日はテーブルの下に猫がいて店内を犬が歩いていました。

犬と言えば、今回の旅の目的のひとつであるフーコック犬なるたてがみのある犬に出会うことができなかったのは非常に残念。

夕食は揚げた魚が食べたかったのですが、ないと言われでできたのが味のない焼いただけの魚・・・この日のオーダーは失敗のようで。

ホテルに戻って就寝前になんだかお腹が重だるくなってきました、東南アジアでほぼ100%お腹を壊しているのでもしやという感じでしたが、予想的中。

帰国してブログを書いている現在、実はまだお腹がゆるくて・・・強い胃腸が欲しいです。

その2へつづきます